Archive for the ‘詐欺事件’ Category

特殊詐欺事件の受け子が逮捕

2019-10-09

受け子が逮捕された特殊詐欺事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

◇事件◇

Aさんは、2カ月ほど前にアルバイトを辞めてお金に困っていました。そんな中、地元の先輩から「いいバイトがある。」といって紹介されたのが特殊詐欺事件の受け子のバイトでした。
先輩から詳しく教えてもらっていませんが、桑名市内のアパートの一室でレターパックを受け取り、その中に入っている現金を指定された口座に入金するという仕事の内容から、Aさんは、自分が何らかの特殊詐欺事件に関わっていることは分かっていました。
しかし生活苦であったこともあり、Aさんは先輩から紹介されたアルバイトを続けていました。
その結果、アルバイトを始めて1カ月ほどして、Aさんは三重県桑名警察署詐欺罪で逮捕されてしまったのです。
(フィクションです。)

◇詐欺罪◇

詐欺罪は、他人を欺いて財産を交付させた場合に成立する犯罪です。
相手方の正常な判断能力を害する点に特徴があり、積極的に嘘をつくなどした場合のみならず、告げるべきことを告げなかった場合(不作為)でも成立する可能性があります。

振り込め詐欺に代表されるように、特殊詐欺事件は、多くの人間が事件に関与し、それぞれに役割分担がなされて、部分的に事件に関与しているケースがよく見られます。
詐欺罪が成立するには、①欺く行為、②相手方の錯誤、③錯誤に基づく財産の交付、④財産の移転という構成要件が必要となりますが、全てが一人によって成し遂げられるのではなく、それぞれに役割が分担されている場合でも詐欺罪は成立し得ます。
事件すべてに関わっていなくても、その内の一部に関与していれば、共犯として認められると、詐欺事件全体の刑責を負うことになるのです。
Aさんの場合も、レターパックを受け取り、中の現金を特定の口座に入金していたに過ぎません。
ですが、こうした行為が詐欺の一環として行われていたのであれば、詐欺事件全体についても責任があるものとして扱われます。
そして、Aさんが振り込め詐欺だと気づいていた以上、詐欺の故意も認められ、詐欺罪は成立すると考えられます。
詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役であり、役割の軽重を問わず罰金刑になる余地はありません。
ですので、ひとたび詐欺罪で有罪となれば、その刑は厳しいものになることが見込まれるでしょう。

◇弁護士の見解◇

何年も前から「振り込め詐欺」等の特殊詐欺事件は社会問題となっており、警察等の捜査当局は取り締まりに力を入れています。
しかし、警察に逮捕されるのは、受け子や出し子といった犯人グループの末端がほとんどで、組織の壊滅にまで捜査が及ぶケースは非常に少ないです。
その様な背景から裁判所は特殊詐欺事件の関係被疑者、被告人に対して厳しい判断を下す傾向にあります。
特殊詐欺事件の受け子で逮捕された場合、よほどの事情がない限り、勾留は免れないと考えて間違いないでしょう。
それだけでなく、事件関係者との通謀を避けるために接見禁止となる可能性も非常に高いです。
また、勾留期間中には余罪に対する捜査が行われるので、特殊詐欺事件で逮捕された場合は、勾留が20日間まで延長される可能性が非常に高いでしょう。
Aさんの場合ですと、さらにその後も、余罪の特殊詐欺事件で再逮捕される可能性が十分に考えられます。
また勾留中の捜査結果次第にはなりますが、余罪事件も含めて起訴される可能性も十分に考えられ、その場合は実刑判決が言い渡されるおそれがあります。

◇刑事弁護活動◇

特殊詐欺事件の弁護活動は、被害者との示談が重要となります。
ただ、特殊詐欺事件は通常、被害者の人数、被害金額が共に大きいのが特徴です。
また、被害者の処罰感情も強いため、限られた時間の中で、特殊詐欺事件の被害者全員との示談が困難であったり、示談金の準備が難しくなったりするケースがほとんどです。
また、特殊詐欺事件の被害者は犯人に連絡先を教えたり、交渉、面会したりすることは拒否するでしょう。
そのため、特殊詐欺事件の被害者との示談は、専門家である弁護士に依頼して示談交渉を進めるべきなのです。
実刑判決が科せられる可能性が非常に高い特殊詐欺事件であっても、無罪や執行猶予判決を獲得するケースもあります。
先ほど述べたように、「道具屋」や「受け子」、「出し子」などの末端関与者など様々な役割がありますし、その役割に応じて適切な弁護活動が必要となります。
特殊詐欺事件の犯人グループは、ピラミッド型に組織化していることもあり、その上層部のことを末端関与者が知らず、さらに、事件の内容も知らされず、知らない間に振り込め詐欺に関与している場合もあり、そのような受け子の犯意を否定し、無罪判決が言い渡されたケースもあります。

桑名市特殊詐欺事件でお困りの方、ご家族、ご友人が特殊詐欺事件で逮捕された方は、三重県の刑事事件に強いと評判の弁護士法人あいち刑事事件総合法律にご相談ください。
フリーダイヤル0120-631-88124時間365日、初回接見サービス、無料法律相談のご予約を承っておりますのでお気軽に電話ください。

三重県伊勢警察署の銀行口座の不正譲渡事件

2019-06-27

銀行口座の不正譲渡事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

◇事件◇

三重県伊勢市に住む無職のAさんは、生活費に困窮し借金を重ねています。
そんな中、インターネットで「簡単手続きで即日融資」という広告を見つけて、この会社に借り入れを申し込みました。
すると担当のオペレーターから、「お手持ちの銀行のキャッシュカードを郵送していただければ、すぐにご希望の金額を融資いたします。」と言われたので、Aさんは指定された住所に、3年ほど前に開設して使用していなかった銀行のキャッシュカードを郵送しました。しかしその後、この会社とは連絡が取れなくなり電話をしてもつながりません。
結局、お金を借り入れることを諦めたAさんでしたが、それからしばらくして、三重県伊勢警察署より、「あなたの銀行口座が振り込め詐欺に使われている。事情聴取したいので警察署に来てください。」と呼び出しがありました。
(フィクションです)

◇三重県伊勢警察署◇

【所在地】〒516-0016 三重県伊勢市神田久志本町1481-3
【電話番号】0596-20-0110

三重県伊勢警察署は、伊勢市と度会郡玉城町、度会町、南伊勢町の3町を管轄する警察署です。
三重県伊勢警察署の管内には、「お伊勢さん」で有名な伊勢神宮があり、毎年多くの観光客が訪れています。
三重県伊勢警察署は、三重県内の警察署の中では中規模の警察署で、平成30年度の刑法犯認知件数は700件を超えています。
(三重県警察のホームページを参考)

◇銀行口座の譲渡◇

銀行口座(預金通帳)を他人に売ったり、譲渡したりする行為は、以下のは罪に該当する場合があります。

①転売(譲渡)目的で口座を開設した場合

最近は、銀行で口座を開設する時に、その銀行に対して口座の利用目的(公共料金の引き落とし口座、給料の振込口座等)を申告しなければなりません。
この目的を偽って銀行口座を開設した時は、銀行を騙して銀行口座を得たとして「詐欺罪」が成立する場合があります。
詐欺罪は、刑法第246条に当たる犯罪で、起訴されて有罪が確定すれば「10年以下の懲役」が科せられます。

②既に開設している銀行口座を他人に譲渡した場合

数年前から、インターネットの掲示板やサイト、ダイレクトメールで「利用していない銀行口座を買取ります」「融資するので銀行口座を送ってください」といった内容を見かけるようになりました。
このようにして譲渡された銀行口座は、振り込め詐欺など何らかの犯罪に使用される可能性が非常に高いです。
長年取引のない銀行口座を、他人に譲渡した場合は「犯罪収益移転防止法に関わる法律」に抵触するおそれが非常に高いです。
この法律の第26条では「他人になりすまして銀行などの金融機関との間における預貯金契約に関わる役務の提供の受ける目的があることを知って、そのものに預貯金通帳などを譲り渡し、交付し、または提供したもの。また、通常の商取引または金融取引として行われるものであることその他の正当な理由がないのに、有償で預貯金通帳などを譲り渡し、交付し、または提供したものは、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金もしくはこの両方を科す。」(犯罪収益移転防止法に関わる法律第26条を引用)と、有償、無償に関わらず、他人に自分名義の銀行口座を譲渡する事を禁止しています。

③譲渡した銀行口座が、他の犯罪に使用される事を知って譲渡した場合

銀行口座が使用された犯罪の共犯として罰せられる可能性があります。
例えば、譲渡した銀行口座が、振り込め詐欺の犯罪に使用される事を知った上で、銀行口座を譲渡すれば、振り込め詐欺の共犯若しくは幇助犯となる場合があるのです。
数年前から振り込め詐欺等の特殊詐欺事件が多発しており、警察等の捜査当局が注意喚起していますが、その犯行手口は巧妙かつ複雑化し、被害は増加する一方です。
その様な背景から、警察等の捜査当局は金融機関と協力し、犯罪に使用された銀行口座の凍結や、過去に犯罪に使用された銀行口座の名義人については、新たに銀行口座を開設できなくするなどして、被害の予防に取り組んでいるので注意しなければなりません。

Aさんの行為は上記②に該当しますので、起訴されて有罪が確定すれば1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金もしくはこの両方が科せられることになります。

銀行口座の不正譲渡三重県伊勢警察署に呼び出された方は、警察署に出頭する前に刑事事件に強いと評判の「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」にご相談ください。
初回法律相談:無料

三重県四日市南警察署に初回接見

2019-06-11

初回接見サービスについて、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所が解説します。

◇事件◇

三重県四日市市に住む会社員Aさんには、今年の春に大学を卒業して就職浪人中の息子がいます。
この息子が、2、3日前に何も言わずに家を出たまま帰宅しないので、心配になったAさんは、自宅近くの三重県四日市南警察署に捜索願を出しに行きました。
するとそこで、警察官から「詳細は話せませんが、息子さんを逮捕して、当署に留置しています。」と驚愕の事実を知らされたのです。
Aさんは、息子さんが何の罪で逮捕されたのか等について警察官に聞きましたが、何も教えてもらうことができませんでした。
その後の就職活動に影響が及ぶことを心配したAさんは、すぐにでも息子さんに接見してくれる弁護士を探しています。
(フィクションです)
三重県四日市南警察署逮捕されてしまった方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所初回接見サービスをご利用ください。
初回接見サービスのご予約はフリーダイヤル0120-631-881(24時間受付中)にお電話ください。

◇三重県四日市南警察署◇

【所在地】〒510-0064 三重県四日市市新正5丁目5番5号

【電話番号】059-355-0110

三重県四日市南警察署は、四日市市の南東部を管轄する警察署です。
三重県四日市南警察署では、三重県の警察署では珍しく、留置管理課があり、留置場には、四日市南警察署以外の警察署に逮捕された被疑者、被告人が収容されています。
また平成30年度の、管内における刑法犯認知件数が1400件以上と、三重県内の警察署ではトップクラスです。
(三重県警察のホームページを参考)

◇初回接見サービスの流れ◇

~電話で予約~
ご家族、ご友人が警察に逮捕されていることが分かれば、まずはフリーダイヤル012-631-881にお電話ください。
初回接見サービスのご予約は、24時間、年中無休で受け付けております。
どこの警察署に留置されているか分からない、何の罪で逮捕されているか分からないといった方でもお気軽にお電話ください。

~在監確認~
初回接見サービスのご予約をいただきましたら、まず弁護士は、警察等の捜査機関に連絡を取り、弁護士接見の予約を取ります。
必ずしも事件を捜査している警察署に留置されているとは限りませんし、留置されている警察署に行っても、検事調べや、引き当たり捜査等で、一時的に警察署に居ない場合もあるので、事前に連絡して在監確認を行います。

~弁護士を派遣~
在監確認ができましたら、留置されている警察署に弁護士を派遣します。
初回接見サービスは、警察署だけでなく、拘置所や鑑別所にも弁護士を派遣することができます。
電話で初回接見サービスのご予約をいただいて、警察署に弁護士を派遣するまでの所要時間は、早ければ数時間です。

~弁護士接見~
警察署等の留置施設に設置された接見室で、逮捕、勾留、起訴された方と弁護士が面会します。
身体拘束を受けている方から直接お話を聞く事で、事件の内容や、捜査の進捗状況を得ることができ、この先の最良の弁護活動を提案することができます。
また、身体拘束を受けている方に対しては、弁護士から取調べに対する注意点等を教示させていただき、今後の手続きの流れや、処分の見通しをアドバイスします。
また弁護士が、ご家族からの伝言、ご家族への伝言を承ることもできます。

~ご家族等への報告~
弁護士接見を終えると、初回接見サービスを依頼していただいたご家族の方にその内容を報告させていただきます。
何をして警察に逮捕されたのか。今後、どの様な手続きが進むのか。弁護士が介入するすることで処分が軽減される可能性があるのか等を弁護士から助言させていただき、その後の刑事弁護活動を依頼するかどうかを判断いただきます。
そして刑事弁護活動のご依頼をいただければ、即日、弁護活動を開始し、逮捕、勾留されている方の早期釈放、刑事処分の軽減を目指した活動を行います。

◇Aさんの場合◇

Aさんから初回接見サービスの依頼を受けた、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、ご予約いただいた翌朝に、三重県四日市南警察署に行き、Aさんの息子さんと面会しました。
この接見で、息子さんが、約2ヵ月前に友人に誘われて振り込め詐欺の受け子をした事件で逮捕されていることが分かりました。
ただAさんの息子は、自身の行為が詐欺事件に関わっている認識はなかったようです。
弁護士は、Aさんの息子に対して、今後の刑事手続きの流れや、取調べに対するアドバイス等を行い接見を終えました。
そして、その日の午後に、Aさんに接見内容を報告したところ、Aさんから、その後の刑事弁護活動の依頼をいただいたのです。(フィクションです)

ご家族、ご友人が三重県四日市南警察署逮捕されてしまった方、四日市市詐欺事件でお悩みの方は、刑事事件に強いと評判の「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」の無料法律相談、初回接見サービスをご利用ください。

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー